厚削り
濃厚なだしに仕上げることが出来る厚削り各種をご紹介いたします。そばうどん店をはじめ、業務用の削り節として広く使用されており、魚種による違いはもちろん、用途・お好みの違いにあわせて、様々な種類・品質の厚削りをご用意しております。なお、これ以外に「極上削りシリーズ」もございますので、あわせてご覧ください。
ほんかつおあつけずり
本鰹厚削り 本鰹厚削り
「マガツオ」を原料として作られる本節を、長時間の煮出しに耐えるように厚く削ったものです。香り高く、すっきりとした上品なだしが取れるのが特徴です。用途やお好みにあわせてお使いいただけるように、レギュラー品だけでも7種類のグレードに削り分けております。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
そうだあつけずり
宗田厚削り 宗田厚削り
「ソウダガツオ」を原料として作られる宗田節を、長時間の煮出しに耐えるように厚く削ったものです(宗田節は、関西方面では目近(メジカ)節とも呼ばれます)。適度なコクと香りに加え、独特なアクセントのあるだしが取れるのが特徴です。用途やお好みにあわせてお使いいただけるように、レギュラー品だけでも7種類のグレードに削り分けております。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
さばあつけずり
鯖厚削り さば厚削り
「ゴマサバ」を原料として作られる鯖節を、長時間の煮出しに耐えるように厚く削ったものです。脂肪分に起因するコクと甘みのあるだしが取れるのが特徴です。用途やお好みにあわせてお使いいただけるように、レギュラー品だけでも7種類のグレードに削り分けております。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
こんごうあつけずり
混合厚削り 混合厚削り
複数の鰹節をブレンドし(通常は本鰹・宗田・サバの3種混合)、長時間の煮出しに耐えるように厚く削ったものです。それぞれの個性を活かした、深みのあるだしが取れるのが特徴です。用途やお好みにあわせてお使いいただけるように、レギュラー品だけでも7種類のグレードに削り分けております。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
むろあつけずり
ムロ厚削り ムロ厚削り
「ムロアジ」から作られるムロ節を、長時間の煮出しに耐えるように厚く削ったものです。だし口はややサバに似ていますが、独特の甘みやコクのあるだしが取れるのが特徴です。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
うるめけずり
ウルメ削り ウルメ削り
煮干の原料としても使われる「ウルメイワシ」から作られるウルメ節を削ったもので、通常の厚削りよりも薄い厚さに削られています。ムロ節と同様に、とくにうどんだしによく使われています。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
うどんだし(こんごう)
うどんだし(混合) うどんだし(混合)
関西風のあっさりとしたうどんつゆ用のだしとして、サバ・ウルメイワシ・宗田(目近)を配合した混合削りです。通常の厚削りよりも薄い厚さに削られています。

→「原料(節)」の解説もあわせてご参考にして下さい。
【さけあつけずり】
サケ厚削り さけ厚削り
サケを加工した、北海道産「鮭節」を厚削りにしたものです。サケ節独特の淡泊な味わいと香りがございます。
 写真の厚削りのほか、薄削り・粗砕品もございます。
【とりぶしあつけずり】
鶏節厚削り 鶏節厚削り
鶏肉を燻し加工した、魚介系の節とは一線を画す動物系の節。淡泊で上品なだしが取れますので、ラーメン用だけでなく、和食だしとしてもバランスがとれるだしくちです。
 写真の厚削りのほか、薄削りもございます。
→ 鰹節と取扱商品