薄削り
和食全体で広く使われている薄削り各種をご紹介いたします。濃厚なだしが取れる厚削りに対し、さっと短時間でだしをとる薄削りは、よりあっさりした上品なだしが取れるのが特徴です。さまざまな種類の薄削りをご用意しております。
はなかつお
花かつお 花かつお
「花かつお」として親しまれている、やや大きめの花立ちの薄削りです。大きく分けると、枯節(カビ付節)を削ったもの(名称が「かつおぶし削りぶし」、原材料名が「かつお・かれぶし」のもの)と、荒節(裸節)を削ったもの(名称が「かつお削りぶし」、原材料名が「かつお・ふし」のもの)の2種類があります。枯節の花はまろやかで上品な味わい、荒節の花は薫臭に近い香りが強いのが特徴です。
【ちあいぬきはなかつお】
血合抜花かつお 血合抜花かつお
花かつおの中でも、鰹節にある「血合い」の部分を取り除いた原料で削ったのが「血合抜花かつお」です。血合い(濃く赤い部分)がないため、雑味がいっそう少なく上品で、見た目、だしの色も淡いものとなるため、和食割烹のお吸い物のだしなどによく使われています。
いとがき
糸削り 糸がき
糸状に薄く細く削った花かつおです。形状が美しいので、だし取り用というよりも、料理に添えて見た目の演出に使うことが多いものです。
【はさい(もみはな)】
破砕(もみ花) 破砕(もみ花)
トッピングとして使いやすいように、少し小さめの花立ちに削った花かつおです。ふつうの花かつおと同様に、カビ付けしてない荒節(裸節)から作ったものと、カビ付けした節(枯節)から作ったものがございます。
まぐろうすけずり
マグロ薄削り マグロ薄削り
血合いの部分を取り除いたマグロ節を、薄く削り上げたものです。「メジ花」「シビ花」とも呼ばれます。だしは非常に淡白で、だしの色も薄いので、おもに和食のお吸い物用のだしなどに使われています。
そうだうすけずり
宗田薄削り 宗田薄削り
宗田節(目近節)を、薄く削り上げたものです。短時間でさっとだしを取るのに向いています。
さばうすけずり
ざば薄削り サバ薄削り
サバ節を、薄く削り上げたものです。短時間でさっとだしを取るのに向いています。
こんごううすけずり
混合薄削り 混合薄削り
カツオとサバをあらかじめ配合して、薄く削り上げた薄削りです。短時間でさっとだしを取るのに向いています。
【さけうすけずり】
サケ薄削り サケ薄削り
サケを加工した、北海道産「鮭節」を薄削りにしたものです。サケ節独特の淡泊な味わいと香りがございます。
 写真の薄削りのほか、厚削り・粗砕品もございます。
【とりぶしうすけずり】
鶏節薄削り 鶏節薄削り
鶏肉を燻し加工した、魚介系の節とは一線を画す動物系の節。淡泊で上品なだしが取れますので、ラーメン用だけでなく、和食だしとしてもバランスがとれるだしくちです。薄削りなので、トッピングにもお使いいただけます。写真の薄削りのほか、厚削りもございます。

→ 鰹節と取扱商品